医療レーザー脱毛

10/2(月)より医療脱毛の時間予約を受付いたします

医療脱毛をご希望される方は、初回のカウンセリングのみ、時間予約を承ります。
お電話(tel.050-5810-2625)または予約サイトにてご予約ください。
※当日の施術を希望される方は、確認事項がございますので、クリニックにお電話(tel.042-732-5120)をお願いします。
※医療脱毛の初回カウンセリング予約のみの受付です。一般診療などの予約はできませんので、ご注意ください。

料金のご案内

当クリニックでは、ひとりひとりのニーズに合わせることができるように、様々なプランをご用意しております。
ご不明な点、記載のない部位などございましたらお気軽にご相談ください。

※下記価格はすべて消費税抜きの価格となっております。

男性の料金はこちらでご案内しております。

オープニングキャンペーン

学生割

高校(保護者の同意必要)、専門学校、短期大学、大学の学生証提示で、表示価格より10%割引いたします。

友達割

3人同時にお申し込みいただくと、表示価格より10%割引いたします。
学生さんの場合は、学生割と合わせると、トータルで20%割引いたします。

お試しプラン

はじめて医療脱毛を体験してみたい方を対象とした、お試しの価格です。
当クリニックでの脱毛が初めての方に限ります。お一人様、1部位のみとさせていただきます。

※(税抜き)

部位 1回
お試し 両ワキプラン 両ワキ 1,000円
お試し 両ヒジ下プラン 両ヒジ下 3,000円
お試し 両ヒザ下プラン 両ヒザ下(ヒザ含まず) 3,000円

※毛が生えている状態では脱毛を行うことができません。施術予定日の前日までにシェービングを済ませて、剃り残しがない状態でご来院ください。
剃り忘れの場合には、剃毛料として1,000円いただいております。

人気セットプラン

ご要望の多い人気箇所をセットにしたお得なプランです。気になる複数の部位を集中して施術いたします。 施術回数を5回、8回からお選びいただき、複数部位を同時に概ね2ヶ月に1回の頻度で施術を行ってまいります。

※(税抜き)

セット 部位 5回 8回
ヒジ下+ヒザ下脱毛セット ヒジ下・両手の甲&指
ヒザ下・両手の甲&指
(ヒザは含まず)
55,000円 85,000円
腕脱毛セット ヒジ上・ヒジ下
両手の甲&指
46,000円 71,000円
脚脱毛セット ヒザ上・ヒザ・ヒザ下
両足の甲&指
72,000円 113,000円
胸・お腹脱毛セット 胸・お腹
(お尻は含まず)
69,000円 112,000円
背中・えりあし脱毛セット 背中(上)・背中(下)
えりあし
88,000円 141,000円

全身脱毛プラン

鎖骨から下の全ての部位(IO除く)を対象にしたお得なプランです。

※(税抜き)

頻度 5回 8回
全身脱毛セット(Vを含む、IOは除く) 2ヶ月に1回 260,000円 380,000円

全顔脱毛プラン

※(税抜き)

頻度 5回 8回
フェイス脱毛プラン 2ヶ月に1回 108,000円 162,000円

全身フェイス脱毛プラン

※(税抜き)

頻度 5回 8回
全身+フェイス脱毛セット
(Vを含む、IOは除く)
2ヶ月に1回 312,500円 450,000円

※毛が生えている状態では脱毛を行うことができません。 施術の前までにシェービングを済ませて、剃り残しがない状態でご来院ください。剃り忘れの場合は、剃毛料として1,000円いただきます。

部位別価格

BODY

1部位ごとの施術回数別の価格です。気になる1部位だけの脱毛を希望される方が対象の価格です。
施術回数を5回、8回からお選びいただき、概ね2ヶ月に1回の頻度で施術を行ってまいります。
医療脱毛がどのようなものか体験してみたい方、あるいは追加脱毛を希望される方の為に1回の料金も設定しております。

※(税抜き)

1回 5回 8回
両手の指・両足の指 1,000円 5,000円 7,500円
両ワキ・両手の甲&指
両ヒザ・両足の甲&指
2,000円 9,800円 15,200円
えりあし・乳輪周り
おへそ周り
両ヒジ上・両ヒジ下・両ヒザ下
4,000円 19,400円 29,600円
胸・お腹
背中(上)・背中(下)
ヒップ・両ヒザ上
8,000円 36,800円 59,200円
1回 5回 8回
Vライン(通常プラン) 6,000円 27,700円 38,000円
Vライン(プレミアム) 8,000円 36,800円 59,200円

※Vラインについて
Vライン(通常プラン)は、当クリニックのパターンプレートに合わせて照射範囲を決めます。
Vライン(プレミアム)は、ご自身の水着のサイズに合わせたり、お好みで照射範囲を決めることができます。
照射部位は施術前までにシェービングを済ませて、剃り残しがない状態でご来院ください。

部位別価格

FACE

顔の部位ごとの施術回数別の価格です。気になる1部位だけの脱毛を希望される方が対象の価格です。
施術回数を5回、8回からお選びいただき、概ね2ヶ月に1回の頻度で施術を行ってまいります。
医療脱毛がどのようなものか体験してみたい方、あるいは追加脱毛を希望される方の為に1回の料金も設定しております。

※(税抜き)

1回 5回 8回
両ホホ&フェイスライン 6,000円 27,000円 41,000円
鼻下 3,500円 16,000円 24,000円
アゴ 4,500円 20,000円 31,000円
アゴ裏 5,000円 22,000円 34,000円
アゴの下の首 6,000円 27,000円 41,000円
1回 5回 8回
全顔スッキリプラン 25,000円 108,000円 162,000円

※全顔スッキリプランには、両ホホ&フェイスライン、鼻下、アゴ、アゴ裏、アゴ下の首が含まれます。

照射部位詳細説明

FACE
両ホホ&フェイスライン 頬骨より下、ほうれい線、下顎骨に囲まれた範囲。
下顎骨に沿った正面から見える顔の範囲。(アゴの範囲は除く。)
鼻下 唇の上とほうれい線に囲まれた範囲。
アゴ 口角から垂直に下した線で、下唇と下顎骨の間の範囲。
アゴ裏 下顎骨裏の部分。喉頭まで。
アゴの下の首 首の正面から見える範囲。(うなじは含まれません。)

フリーチョイスプラン

ご希望の部位と回数を、ご自身の好みに合わせて組み合わせることができるお得なプランです。
部位ごとにポイント(pt)が設定されているので、必要な回数分のポイントをご購入していただくプランです。1か所、あるいは複数部位を同時に、概ね2ヶ月に1回の頻度で施術を行ってまいります。
※下記部位のみの適応で、フェイスにはお使いいただけません。

1ptパーツ 両ワキ・両手の甲&指・両ヒザ・両足の甲&指
2ptパーツ えりあし・乳輪周り・おへそ周り・両ヒジ上・両ヒジ下・両ヒザ下
4ptパーツ 胸・お腹・背中(上)・背中(下)・ヒップ・両ヒザ上
ポイント価格

※(税抜き)

ポイント(pt) 価格
4pt 8,000円
5pt 9,900円
6pt 11,800円
7pt 13,700円
8pt 15,600円
9pt 17,500円
10pt 19,400円
11pt 21,300円
12pt 23,200円
13pt 25,100円
14pt 27,000円
15pt 28,900円
16pt 30,800円
17pt 32,700円
18pt 34,600円
19pt 36,500円
20pt 38,400円
21pt 40,300円
22pt 42,200円
23pt 44,100円
24pt 46,000円
25pt 47,900円
26pt 49,800円
27pt 51,700円
28pt 53,600円
29pt 55,500円
30pt 57,400円
31pt 59,300円
32pt 61,200円
33pt 63,100円
34pt 65,000円
35pt 66,900円
36pt 68,800円
37pt 70,700円
38pt 72,600円
39pt 74,500円
40pt 76,400円

有効期限について

脱毛の期限については、承諾書に記入した日付から2年間とさせていただいております。
5回コース、8回コース、フリーチョイスプランについては、無料の期限延長を行っております。(※各コースの無料延長期間は異なります。)

有効期限について

脱毛について

脱毛は医療行為です。脱毛の施術は必ず医療機関で受けましょう。

一般に「永久脱毛※」とは、レーザーにより毛根や毛乳頭の黒い色素を破壊させ、毛の生成を長期にわたり停止させることです。
これは厚労省によって、ドクターの管理下で行う医療行為とみなされています。
よって、脱毛効果の高い「永久脱毛※」が可能な医療レーザー脱毛機器の取り扱いは、現在は医療機関しか行う事ができません。
※永久脱毛とは、AEA(米国電気脱毛協会)で決められた定義「最終脱毛から2年後の毛の再成率が20%以下である」ことを指します。

安全性から見る脱毛

近年、エステサロンなど無資格者による脱毛トラブルの報告が増加しています。
新聞やテレビなどでも度々報道されますが、「光脱毛」を医師免許のない従業員に施術させて、顧客が熱傷を負うなどのトラブルです。
インターネットや電車内にエステ脱毛の広告が氾濫し、は書くな施術料金で永久脱毛が可能であるかのような誇大広告です。
エステサロンの経営には家賃・人件費・脱毛気の代金・その他もろもろの大きな経費がかかっていますので、現実的にすべての施術を破格な料金設定で行うことはできません。
結局は、医療機関と同様な料金へとなってしまうのではないでしょうか。

平成13年11月8日厚生労働省医政局医事課長から「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線またはその他の強力なエネルギーを有する光線で、毛乳頭・皮脂腺開口部などを破壊する行為は、医師免許を有しない者が業として行えば、医師法第17条に違反する」と通達されました。

厚労省から105号によりますと、一時的にせよ脱毛が可能なエネルギーを照射すること自体が医療行為であり、 無資格者が行えば医師法第17条に違反することになります。

エステ業者は日本エステティック振興協議会を作り、エステティシャン・脱毛機器・脱毛サロンの認証を行っていますが、これはあくまでも業界団体による認証で、国家資格ではなく、安全であるという保証は全くありません。

日本エステティック振興協議会は、厚生労働省の通知を受け、美容ライト脱毛の定義を次のように制定しています。
美容ライト脱毛とは、除毛・減毛を目的に皮膚に負担を与えず、毛の幹細胞を破壊しない範囲でエステティックサロンで行われる光脱毛をいう。

エステ業界では、一時的な除毛・減毛で再び毛が生えてくることを前提としていますので、エステサロンによるライト脱毛は永久脱毛ではありません。
エステサロンはお客様にこのことを十分に説明し、お客様はこれを納得された上で施術を受けているのでしょうか?
一方で、エステサロンで脱毛効果が得られたという声もありますが、脱毛機器のエネルギー(パワー)を上げて照射しているので、薬事法・医師法に抵触する違法行為です。

エステティックサロンのライト脱毛は、治療中に毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊しているかどうかは確認できません。
トリートメント後、お客様に皮膚疾患傷害が生じ、被害届が提出されてから初めて法律に照らして処分が行われます。

脱毛は医療機関で行いましょう

脱毛は医療機関のみが使用を認可された、医療用レーザーで行う施術です。
医療用レーザーは脱毛効果・通院間隔・治療回数などで優れ、当院は、医師または医師の指示のもと、有資格者の看護師が施術を行いますので、安心して脱毛を受けて頂けます。
万一のトラブルの際でも、医師が適切なアフターサポートを行いますので、ご安心ください。

脱毛の仕組み

レーザー脱毛のメカニズム

脱毛について

脱毛に使用するレーザーは、毛の黒い色(メラニン色素)に熱として吸収されます。
皮膚の冷却を行いながら施術をしますので、皮膚にはダメージを与えず、
毛根部に集中して熱エネルギーとして吸収され、毛根に接している毛包や毛乳頭を焼灼します。
このメカニズムによって脱毛が行われます。

毛周期とレーザー照射のタイミング

体毛には「成長期」・「退行期」・「休止期」と呼ばれる毛周期があります。
毛の一本一本が毛周期のサイクルを繰り返しており、
脱毛レーザーは毛の黒い色(メラニン色素)に反応させて行うため、
「退行期」、「休止期」の状態では脱毛は行えません。
すべての毛周期の毛の脱毛を行うためには、最低6回程度の治療が必要となります。
毛の色素が薄い方は8回程度、また産毛においては10回程度の治療が必要になることがあります。

脱毛について

毛周期の「成長期」に合わせて概ね8週間ごとに複数回の治療を受けて頂くと、脱毛効果を実感していただけます。
※部位によって毛周期が異なりますので、治療回数も異なります。
また、毛の濃さにも個人差がありますので、必要な治療回数はドクターまでご相談ください。

波長とメラニン吸光度

医療レーザー機器の波長には主に4種類あります。
それぞれ以下のような特徴を持っています。

脱毛について

  • 694(ルビー)
  • より黒いものに反応する。日本人に使用すると皮膚まで焼けてしまいます。白人専用。

  • 755(アレクサンドライト)
  • 黒いものに反応する。皮膚が黒いと反応して炎症を起こしてしまいます。

  • 800(ダイオード)
  • 世界の有色人種で第一選択となっています。

  • 1064(YAG)
  • 沖縄県在住の方はこちらがおすすめ。

光の皮膚への深達度

脱毛について

波長が長くなるほど、皮膚に吸収されにくくなるので、深くまでレーザーが入ります。その為、例えば、YAGレーザーはアレクサンドラ糸レーザーやダイオードレーザーよりも深くレーザーが入り、痛みが強く出てしまい、耐えられない人も出てきます。

紫外線量と脱毛の関係

レーザーは黒いものに反応して熱として吸収されます。
日本人の皮膚はメラニンを持っているので、毛だけでなく、皮膚のメラニンにも吸収されてしまいます。
紫外線量の多い5〜9月は患者さんのメラニン量が変わってきています。日焼けした状態で施術するとやけどをしてしまう可能性があります。

紫外線量の比較
1月 2.0
2月 2.2(1.1倍)
3月 3.1(1.5倍)
4月 4.1(2.0倍)
5月 5.1(2.5倍)
6月 6.2(3.1倍)
7月 7.0(3.5倍)
8月 7.0(3.5倍)
9月 6.2(3.1倍)
10月 4.1(2.0倍)
11月 3.0(1.5倍)
12月 2.0(1.0倍)

※年間の紫外線の量は変化しています。特に5〜9月の施術は日焼けに注意が必要です。
※紫外線量の多い時期は日焼けが原因となり、レーザーを当てるとやけどを引き起こしやすくなるため、治療できなくなる場合があります。

光脱毛とレーザー脱毛

エステの脱毛

エステの光脱毛の到達度

光(フラッシュランプ)による脱毛
光は、複数の波長を含んでおり、ターゲット以外の組織にも影響してしまいます。
ターゲットは浅い部分となります。

医療レーザー脱毛

医療脱毛レーザーによる到達度

レーザーは、特定の単波長であり、選択的にターゲットのみに作用します。
深い部位までターゲットとすることが可能です。

医療用レーザー脱毛について

1983年、ハーバード大学のロックス・アンダーソン博士は、選択的光熱治療についての理論を提唱しました。
これは、皮膚に対するレーザー光の作用を説明する理論として、アザ治療等、皮膚疾患治療において幅広く引用されていきます。
選択的光熱治療は、レーザー光で標的とする組織を選択的に破壊し、周囲組織対する障害を最小にするための方法論です。
これを応用して、脱毛レーザーが開発されました。

1996年にハーバード大学皮膚科アンダーソン・グループがレーザー脱毛理論を発表、同年秋にCynosure社がその理論に適合する世界初のAlexandriteレーザー装置LPIRを発表し、世界的なレーザー脱毛ブームを巻き起こします。

その後、Cynosure社で顧問的な立場であったロックス・アンダーソン博士がコヒレント社に金銭トレードをされ、ダイオードでAlexandriteレーザーと同等の脱毛効果を期待できる装置の開発が行われます。
そして誕生したのが、現LUMENIS社のLightSeerです。

LightSheerにはPalomar社の技術が多く提供されていたそうですが、その高い技術力のあるPalomar社をCynosure社が買収し、開発された際最新のダイオードレーザーが、当院で導入したVectusです。

当クリニックのレーザー機器

医療脱毛レーザー機器Vectus

当院ではFDAの承認を得ている米国Cynosure社製のダイオードレーザーの最新機種Vectusを導入しております。
ダイオードレーザーは日本人の肌のメラニン量や深達度の面で適しており、やけどをしにくく、また、痛みも抑えることができます。
最新のモデルは、大きな照射径により、従来の装置の2.5倍のスピードで施術が可能となりました。
また、強力な冷却効果により、より安全で痛みの少ない脱毛を実現しております。

VECTUS サファイアオプティック

VECTUSサファイアオプティックsmall

VECTUSサファイアオプティックlarge

Cynosure社とレーザーの歴史

1991年にNASAの物理学博士であった日系アメリカ人Furumoto博士が創業。
Furumoto博士はCANDELA社を立ち上げた人物でもありますが、Furumoto博士がCANDELA社から身を引き、創りなおした会社がCynosure社です。
2005年にはNUSDAQに上場し、2015年には皮膚科・形成外科・美容外科で使用されるレーザーの販売実績が世界でNo.1のメーカーです。

日本に導入されているレーザーはどんなものがあるのか?

SYNERON CANDELA(シネロン・キャンデラ)

創業者がCynosure(サイノシュアー)社と同一人物で、レーザーでは実績のある米国メーカーでしたが、2010年にイスラエルの光治療機メーカーSyneron社に吸収合併されました。
1997年に発売されたGentleLASE(ジェントルレーズ)は日本でも多く導入されています。

Gentleシリーズの最新モデルGentleMaxPro(ジェントルマックスプロ)は、755nmと1064nmの2種類のレーザーを搭載しているのが特徴のGentleシリーズの後継機です。

GentleシリーズはDCDという冷却ガス(窒素)を皮膚に吹き付けてからレーザーを照射するのですが、デリケートな女性の肌ですと、色素沈着などの副作用の報告があります。

また、日本人の肌の場合、レーザーの照射時間は10ms〜40msが望ましいと言われておりますが、Gentleシリーズは3msと短いために、当院では導入を見合わせました。

GentleLASE GentleMaxPro

LUMENIS(ルミナス)

ダイオードレーザーでは実績のあるメーカーです。
LightSheer(ライトシェアー)は日本にも多く導入されました。
LightSheerの後継機LightSheerDUET(ライトシェアーデュエット)は、吸引をしながらレーザー照射を行うため、治療にムラが出来やすいのではないかと懸念を感じました。
また、大きなハンドピースは吸引を出来る部位(背中など)の施術しかできず、吸引が出来ない部位は小さな照射径での施術となり、治療時間が長くなってしまいます。

結局は患者様の負担が増えてしまうのでは無いかと感じ、当院では導入を見合わせました。

LightSheer LightSheerSUET

Asclepion(エースクリピオン)

ドイツのレーザーメーカーで、同社の脱毛レーザーはMedioStarという装置です。
低出力のエネルギーで何度もレーザーを繰り返し照射し、少しづつ熱を蓄熱させていくそうです。
従来の脱毛理論に該当せず、調べてみても医学的な治療根拠がはっきりしません。
低出力なので痛くないことが売りの様ですが、やはり痛い部位は痛いようです。

さらに、新製品の「メディオスターNeXT Pro」においても同じで、皮膚の表面に近いところにある毛に栄養を与える「バルジ」という領域を破壊するということです。しかしながら、本来レーザー脱毛は毛根を破壊し永久脱毛を図るというものですから、「メディオスターNeXT Pro」のように黒い色をターゲットにしているものでないものは、毛根を破壊するという従来の脱毛理論には合うものではないようです。

施術者の技術によって脱毛効果にムラが出るのではないか、なによりエステサロンの脱毛の様に、一時的な効果なのではないかという懸念を払拭できず、当院では導入を見合わせました。

MEDIO STAR MEDIOSTAR NET PRO

ALMA Lasers(アルマ レーザーズ)

イスラエルのレーザーメーカーで、同社の脱毛レーザーはSophlano(ソプラノ)という装置です。
低出力のエネルギーで何度も繰り返しレーザーを照射し、メディオスターと同様、蓄熱型の脱毛機です。
低出力なので痛くないことが売りの様ですが、やはり痛い部位は痛いようです。

施術者の技術によって脱毛効果にムラが出るのではないか、なによりエステサロンの脱毛の様に、一時的な効果なのではないかという懸念を払拭できず、当院では導入を見合わせました。

Sophlano Sophlano ICE

針脱毛について

針脱毛の機器画像

針脱毛のメリット
  • 白や産毛などあらゆる毛質に対応できる
針脱毛のデメリット
  • レーザー脱毛より痛みが強い
  • レーザー脱毛より費用が高い
  • 施術に毛を伸ばす必要がある
  • 治療時間が長い
  • 施術者に高い技術力が必要

※両脇の針脱毛の場合、施術時間はおおよそ40分(約400本として。)
※施術料金は、1本500円程度

当クリニックの脱毛のポイント

ミーナ町田ジェイクリニックでは、医師もしくは医師の指示の下、トレーニングを積んだ看護師が施術を行います。
肌に対する反応や、施術後の経過は、顔・わき・太もも・陰部・背中など治療部位によって異なりますので、安全で効果的な治療のために、カウンセリング・診断・施術・術後のケアを丁寧に行っております。

ミーナ町田ジェイクリニック6つのポイント

  • 安全性
    認可された医療機器で、医師、または専門の教育を受けた看護師が医師の指示の下に施術します。
    必要に応じて皮膚のメラニン量の変化を測定します。
  • 施術時間
    最新機器を導入しているので、両わきで1分程度と非常にスピーディーです。
  • 効果
    米国FDAで認可された最新の医療機器を使用しますので、しっかりと効果を実感していただけます。
  • 治療期間
    1回1回の治療がしっかりしていますので、2ヶ月間隔で6回程度となります(部位により治療回数は異なります)。
  • 施術費用
    エステサロン等のライト脱毛と比べても、リーズナブルな価格設定となっております。
  • トラブル時の対処
    万が一のトラブルにも、医師自らが適切な処置でスピーディーに対応いたします。

治療の流れ

  • 1. 前日もしくは当日朝に、治療する部位を剃毛し、ご来院ください
  • 2. カウンセリングを行います
  • 3. 脱毛部位のマーキング、写真撮影を行います
  • 4. 医師がレーザーの設定を決定し、医師または医師の指示を受けた看護師が治療を開始します
  • 5. 術後は皮膚の冷却を行います。必要に応じて炎症止めの軟膏を塗布します
  • 6. 軟膏や保湿剤を2〜3日分処方します

脱毛部位の決定・写真撮影

医療脱毛レーザー機器Vectus 医療脱毛レーザー機器Vectus 医療脱毛レーザー機器Vectus

所要時間(目安)

両わき 3分+クーリング10分+着替え
ヒジ上(両腕) 10分+クーリング10分+着替え
ヒジ下(両腕) 10分+クーリング10分+着替え
背中 5分+クーリング10分+着替え
ヒザ上 5分+クーリング10分+着替え
ヒザ下(両足) 5分+クーリング10分+着替え

治療に関して

治療の注意点

  • 治療した部位は、こすったり・掻いたりしないでください
  • 施術当日は、熱いシャワーや入浴を控えて下さい
  • 治療は1〜2ヶ月に1度行います
  • 治療回数は5〜6回となり、男性のアゴヒゲの場合は10〜12回が目安となります
  • 脱毛の治療期間中は毛抜きをしないでください
  • 脱毛の治療期間中は、紫外線を極力避け、外出時にはSPF30以上の日焼け止めを必ず使用してください

その他、ご不明な点は医師・看護師へお尋ねください。

治療を受けられない方

  • レーザー治療前に日焼けされた方
  • 溶血剤(ヘパリンなど)、抗生物質(テトラサイクリン系)、金製剤(過去の使用も含め)を使用している方。
  • 内服薬・外用薬によってはレーザー反応が非常に強くなることがありますので、使用しているお薬を医師にお伝えください。

  • 光の感受性を高める成分や、ビタミンAを含んだお化粧品やサプリメントを使用している方
  • 医師にご相談ください。

  • 皮膚がレーザー光線に過敏に反応される方
  • 光に誘発されるてんかん発作のある方
  • 施術部位にホクロや刺青・アートメイクがある方
  • 熱傷や変色のおそれがあるため、避けて施術を行います。

  • 最近ヘルペスにかかり、治療を受けておられた方
  • 医師にご相談ください。

  • 妊娠中の方
  • アトピー性皮膚炎の方
  • 色素沈着や肌の乾燥により、合併症のリスクが上がってしまいます。医師の診断により、治療の判断をさせていただきます。

  • 生理前後の方
  • 生理前後は肌が敏感なため、痛みを強く感じたり、肌荒れが起きやすくなります。
    ホルモンの影響で合併症のリスクが上がる場合がありますので、治療はお勧めできません。

  • ピルを服用されている方
  • 副作用として、硬毛化現象のリスクがああるため

  • 悪性の色素病変と疑われる部分のある方
  • ケロイド体質のある方
  • 金の糸等を用いたリフトアップ治療経験のある方

起こりうる症状

一般的な症状

  • 毛の周囲が赤くなり腫れる(1日以内に消失)
  • 熱を伴ったわずかな痛み(輪ゴムで弾いたような痛み)

合併症

  • 水泡(熱傷)
  • 炎症
  • かさぶた
  • 毛襄炎
  • 皮膚が黒くなる、または白くなる
  • 硬毛化
  • アレルギー反応
  • 凍傷
硬毛化現象

レーザーの照射により、産毛・軟毛が逆に濃くなる、または太くなってしまう現象で、およそ2〜3%程度の割合で発生。

なぜこのような現象が起きるのか、メカニズムは医学的には解明されていません。

原因としては、産毛や軟毛のため、レーザーが十分吸収されなかった、逆に刺激となり毛を成長させたと考えられています。
また、ホルモンが影響していとも言われております。

フェイスライン・うなじ・肩・二の腕・膝で起こりやすい現象です。
(複数回目の施術で発生するケースが多い)

対応方法として、弱すぎない出力でレーザーを照射することがあげられます。2〜3ヶ月間隔をあけて照射します。
あまりにも色素のない毛で、完璧な仕上がりを求める方はお断りするケースもあり。

アレルギー反応

熱変性した自己毛に対するアレルギーです。
下腿・前腕に多くみられます。

毛膿炎

ブドウ球菌や連鎖球菌などの化膿菌に感染して起こる毛包の炎症です。
男性のヒゲ脱毛にて起きやすいものです。

よくある質問

当クリニックの医療脱毛レーザー施術に関する、よくあるご質問をご案内しております。

施術時間はどれくらいでしょうか?

脇は1分、背中や腕は5分程度です。従来の脱毛レーザーと比べ、大幅に施術時間が短縮されました。

痛みはありますか?

VECTUSは強力な冷却を行いながら施術をしますので、従来の装置と比べ痛みは軽減されています。

肌が地黒ですが、治療は出来ますか?

肌の濃い方は、メラニン計測装置で測定することで、その方の肌に合った安全な設定値で治療を行いますので、ご相談ください。

しみやホクロがありますが、施術は可能ですか?

医師の診断によります。
熱傷のリスクがある場合には、避けて施術を行う場合もあります。

産毛も脱毛できますか?

脱毛レーザーは毛の黒い色に反応をいたしますので、効果を感じにくい場合もあります。

治療間隔はどれくらいでしょうか?

治療部位によって異なりますが、2ヶ月に1度の間隔で5〜6回が平均的な治療回数です。

このページの先頭に戻る

料金表

消化器内科のご案内
食道・のどの病気
逆流性食道炎
胃腸の病気
経鼻内視鏡(胃カメラ)検査
大腸肛門科のご案内
大腸ポリープ
大腸がん
IBS(過敏性腸症候群)
痔について
いぼ痔(痔核)
きれ痔(裂肛)
吸引式痔核結紮(けっさつ)術
大腸内視鏡検査
婦人科のご案内
子宮頸がん
子宮体がん、卵巣がん検診
月経異常
更年期障害
子宮筋腫
頻尿・尿失禁・尿意切迫
ブライダルチェック
性病検査
低用量ピル
乳腺外科のご案内
乳がん検診
循環器内科のご案内
下肢静脈瘤
内科のご案内
花粉症の舌下免疫療法
糖尿病
高血圧
脂質異常症
予防接種のご案内
感染症検査
美容皮膚科のご案内
医療レーザー脱毛
自由診療のご案内
プラセンタ注射
にんにく注射
美肌・美白クリーム
ワキの多汗症
男性型脱毛症(AGA)
低用量ピル

町田の内科・大腸肛門科・消化器科・乳腺外科・婦人科・美容外科ならJR町田駅ターミナル口より徒歩1分のミーナ町田ジェイクリニック|胃カメラ検査 大腸内視鏡検査