大腸がん

女性に多いがんと聞くと乳がんを思い浮かべる方が多いと思いますが、実は死亡率で見た場合には大腸がんが多く、2007年には死亡率第1位にもなりました。
ピンクリボン運動で乳がんの検診と早期発見の重要性に対する意識は高まってきていますが、女性の大腸がんに対する認識はまだ少ない段階にあります。

大腸がんは初期症状がほとんど出ないため、早い段階で見つかることは多くありませんが、早期発見できれば完治する可能性の高い病気です。定期的に検査を受ける習慣をつけ、大腸がんの早期発見・早期治療に努めましょう。

大腸がんの初期症状はほとんどない

大腸がんは40歳を過ぎた頃からかかる人が多くなってきます。
また、大腸がんになっても痛みや体重の減少など、すぐがんと疑うような症状が表れないため、気づかれることが少ないのが現状です。

がんが進むにつれて血便・下痢・便通異常とそれに伴う腹痛・しこりといった症状が出てきはじめます。
そのほかをお持ちの方は、いつもの痔だと思い込んでしまう場合があるため、発見が遅れることもあります。

大腸がんの原因は、食生活の乱れや遺伝の影響?

アルコールの過剰摂取や、肉の加工品の摂り過ぎにより大腸がんになる可能性が高いといわれています。
生活習慣の中で栄養バランスの崩れが長く続いている方、休肝日をもたれていない方なども注意が必要です。
その他に、家族による遺伝の影響もあるとされています。

早期発見・治療で治る可能性が高まります

大腸がんは早期の段階で発見できれば、手術を行う必要もなく大腸内視鏡検査の際にそのままがんを切除することも可能です。また、切除後も、5年後の生存率が80%以上と比較的死亡率が低い病気です。
ですが、発見が遅れれば遅れるほど、肺や肝臓、リンパ節などに転移していくため、治療は困難になっていきます。

女性の大腸がんが増えています。早めに検査を受けましょう!

定期的な検査を行うことが、大腸がんの早期発見につながります。
男性の場合は勤務先の企業による人間ドックの実施などで検査を受ける機会が多いのですが、お勤めをしていない女性などは人間ドックを受ける機会を得られず、発見が遅れてしまうことがあります。

不安がある場合は勿論、今までに一度も検査を受けたことが無い場合は是非検査をオススメします。

大腸がん検診

大腸がんの検査は大腸内視鏡検査になります。

40歳以上の方は、1年に1回程度を目安に検査を行うことで、大腸がんの早期発見につながります。
検査をご希望の方はまずは受診していただき、診察のうえ、検査のご予約をお取りいたします。

このページの先頭に戻る

料金表

消化器内科のご案内
食道・のどの病気
逆流性食道炎
胃腸の病気
経鼻内視鏡(胃カメラ)検査
大腸肛門科のご案内
大腸ポリープ
大腸がん
IBS(過敏性腸症候群)
痔について
いぼ痔(痔核)
きれ痔(裂肛)
吸引式痔核結紮(けっさつ)術
大腸内視鏡検査
婦人科のご案内
子宮頸がん
子宮体がん、卵巣がん検診
月経異常
更年期障害
子宮筋腫
頻尿・尿失禁・尿意切迫
ブライダルチェック
性病検査
低用量ピル
乳腺外科のご案内
乳がん検診
循環器内科のご案内
下肢静脈瘤
内科のご案内
花粉症の舌下免疫療法
糖尿病
高血圧
脂質異常症
予防接種のご案内
感染症検査
美容皮膚科のご案内
医療レーザー脱毛
自由診療のご案内
プラセンタ注射
にんにく注射
美肌・美白クリーム
ワキの多汗症
男性型脱毛症(AGA)
低用量ピル

町田の内科・大腸肛門科・消化器科・乳腺外科・婦人科・美容外科ならJR町田駅ターミナル口より徒歩1分のミーナ町田ジェイクリニック|胃カメラ検査 大腸内視鏡検査