きれ痔(裂肛)について

裂肛(切れ痔)は硬い便などによって肛門に切り傷ができたものです。
排便時に激痛を感じることもありますが、しばらくすると、痛みは消えてしまいます。
痛みがつらいために排便を避けがちですが、そうすると便秘になり、ますます肛門を痛めるという悪循環を起こしやすいので注意しましょう。

急性裂肛について

肛門上皮が浅く避けている状態で、できてから日が経っていないものです。

かゆみを感じることもありますが、多くは排便時の痛みと出血です。出血は痔核と比べ少なく紙につく程度です。

原因

一番の原因は、便秘です。
便秘がちだと便が硬くなり、無理やり出すために肛門を傷つけてしまうのです。

症状

排便時に肛門がひどく痛みます。出血は、紙で拭くと少しつく程度。
慢性化して症状が進むと、排便後の激痛が何時間もつづくようになり、傷が炎症を起こして激痛をともなう肛門潰瘍となります。

治療

薬を使ったり、便秘をしないようにすれば、裂肛(切れ痔)はおさまりますが、
慢性化したものには手術が必要となります。

慢性裂肛について

常に同じ場所が切れ、深くなり、その周囲に肛門ポリープや見張り疣などが出現した状態です。
切れ目がさらに深くなり(肛門潰瘍)、周囲に炎症がおきると括約筋に線維化がおき硬化して肛門が細くなります(肛門狭窄)。化膿することもあり(肛門周囲膿瘍)、そこから痔ろう(あな痔)を形成することもあります(裂肛痔ろう)。

治療

薬の治療ではよくなりません。肛門を広げる手術が必要になります。
治ってない裂肛と線維化がおきて硬くなった部分を切開あるいは切除し、肛門を広げる術式です。

このページの先頭に戻る

料金表

消化器内科のご案内
食道・のどの病気
逆流性食道炎
胃腸の病気
経鼻内視鏡(胃カメラ)検査
大腸肛門科のご案内
大腸ポリープ
大腸がん
IBS(過敏性腸症候群)
痔について
いぼ痔(痔核)
きれ痔(裂肛)
吸引式痔核結紮(けっさつ)術
大腸内視鏡検査
婦人科のご案内
子宮頸がん
子宮体がん、卵巣がん検診
月経異常
更年期障害
子宮筋腫
頻尿・尿失禁・尿意切迫
ブライダルチェック
性病検査
低用量ピル
乳腺外科のご案内
乳がん検診
循環器内科のご案内
下肢静脈瘤
内科のご案内
花粉症の舌下免疫療法
糖尿病
高血圧
脂質異常症
予防接種のご案内
感染症検査
美容皮膚科のご案内
医療レーザー脱毛
自由診療のご案内
プラセンタ注射
にんにく注射
美肌・美白クリーム
ワキの多汗症
男性型脱毛症(AGA)
低用量ピル

町田の内科・大腸肛門科・消化器科・乳腺外科・婦人科・美容外科ならJR町田駅ターミナル口より徒歩1分のミーナ町田ジェイクリニック|胃カメラ検査 大腸内視鏡検査