子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮内の筋肉にできる良性の腫瘍で、30代〜50代の方に多く、特に35歳以上、40歳以上と年齢が上がるごとに発症する割合は増えて行きます。
これは女性ホルモンに関係するためです。それゆえに思春期前の若い女性に発症することは稀で、また閉経後には子宮筋腫になっていたとしても縮んで小さくなっていきます。

自覚症状はない?注意したい不正出血や月経痛

子宮筋腫の主な症状は、月経異常や不正出血、またそれらを原因として起こる貧血などがあります。

しかし子宮筋腫になったからといって、症状が現れるとは限りません。
検診などの際に偶然発見されることも多くみられます。これは、症状の種類や程度は、筋腫の大きさや発生部位、発育する方向などによって異なってくるためです。

注意したいのは月経時以外の不正出血(子宮出血)です。
不正出血は子宮筋腫の可能性のほか、子宮体がんの可能性もありますので、必ず子宮内膜 の細胞や組織の検査を受けることをお勧めします。また月経痛がある場合は子宮内膜症などが起きている可能性もあります。

小さいうちに発見すれば手術せず治療できる場合も

子宮筋腫で、手術などの治療を要する場合は主に筋腫がかなり大きくなってしまった場合です(こぶし大ほど)。

筋腫が大きくなると、周囲の臓器を圧迫し腹痛を起こしたり、月経過多や不正出血などでひどい貧血をおこしたり、重い月経痛があったりと身体に様々な弊害をおこし、日常生活に大きく支障をきたします。
このような状態になってしまうと、筋腫を取り除くための治療を行う必要があります。

ですが、子宮筋腫=手術とは限りません。
身体への負担を減らすためにも、怖がらず定期的な検診を受けて頂きたいと思います。

子宮筋腫の検査

子宮筋腫は、内診やエコーなどを行います。場合によっては極僅かな量ですが細胞を採取する場合がありますが、個人差はあるもののほとんど痛みは出ないと思われます。

一人ひとりのライフスタイルに合った治療

病気が見つかった場合でも、子宮筋腫の場合は、筋腫の状態や年齢、今後の妊娠希望などによって治療方法は様々です。
きちんと説明をさせていただいたうえで、治療方針を決めて行きたいと考えていますので、不安なことなどがありましたら気軽に尋ねてください。

このページの先頭に戻る

料金表

消化器内科のご案内
食道・のどの病気
逆流性食道炎
胃腸の病気
経鼻内視鏡(胃カメラ)検査
大腸肛門科のご案内
大腸ポリープ
大腸がん
IBS(過敏性腸症候群)
痔について
いぼ痔(痔核)
きれ痔(裂肛)
吸引式痔核結紮(けっさつ)術
大腸内視鏡検査
婦人科のご案内
子宮頸がん
子宮体がん、卵巣がん検診
月経異常
更年期障害
子宮筋腫
頻尿・尿失禁・尿意切迫
ブライダルチェック
性病検査
低用量ピル
乳腺外科のご案内
乳がん検診
循環器内科のご案内
下肢静脈瘤
内科のご案内
花粉症の舌下免疫療法
糖尿病
高血圧
脂質異常症
予防接種のご案内
感染症検査
美容皮膚科のご案内
医療レーザー脱毛
自由診療のご案内
プラセンタ注射
にんにく注射
美肌・美白クリーム
ワキの多汗症
男性型脱毛症(AGA)
低用量ピル

町田の内科・大腸肛門科・消化器科・乳腺外科・婦人科・美容外科ならJR町田駅ターミナル口より徒歩1分のミーナ町田ジェイクリニック|胃カメラ検査 大腸内視鏡検査