マンモグラフィ検診

マンモグラフィの専用装置

当院で使用しているマンモグラフィの専用装置では、下の黒い台に乳房を置き、上の白い圧迫版で乳房を薄く伸ばして撮影します。

マンモグラフィは、
・しこりとして触れない小さなガン
・しこりを作らないタイプのがん
を発見するのに有用です。

* 当クリニックでは女性技師が対応しますので、
  安心してご来院下さい。

マンモグラフィ(安心して乳房投影を受けていただくために)

マンモグラフィによる検査はなぜ大事なの?
乳房撮影とは乳房のX線写真のことで、マンモグラフィと呼ばれています。
「乳がん=しこり」 と思われていますが、小さながんはしこりとして触れません。
早期の乳がん発見にはマンモグラフィによる検診が必要です。
乳がんは30〜50歳代の女性に多く、この年代の女性のがん死亡原因のトップとなっています。
早期発見・早期治療で90%以上の人が治るといわれているので、40歳になったら2年に1回は乳がん検診を受けるようにしましょう。
放射線の影響はないの?
乳房は比較的柔らかい組織でできているために、専用の乳房X線撮影検査やフィルムを使って撮影します。エックス線検査なので放射線被ばくがありますが、乳房だけの部分的なもので、脊髄などへの影響はありません。
★こわがらずに正しい検査を受けましょう★
どうやって検査するの?
撮影は一般的に、左右の乳房を片側ずつ台の上に載せ、別々に角度を変えて撮影します。
早期の乳がんを見逃さないためには、できるだけ乳房の全体を撮影することが重要であり、撮影者が皆様の乳房に触れる必要があります。
★ご理解をお願いいたします★
圧迫して痛くないの?
圧迫して乳房を薄くすることで痛みを感じることもありますが、少ない放射線量で乳房の中をはっきりと写すことができるので、放射線被ばくも減らすことができます。圧迫する時間は数秒です。
★少しの間がんばってください★
何がわかるの?
乳房にできる病気には色々あり、良性の場合もあれば悪性の場合もあります。
ほとんどの病気はマンモグラフィで見つけることができます。
しこりが触れる場合に、写真を見てそれがどういうものであるかを判断したり体の外側からの診察では触れない病気を見つけることもあります。
生理中でもいいの?
乳腺は女性ホルモンの影響を受けています。排卵から月経が始まる頃まで、卵巣から分泌されるホルモンによって影響を受け、乳房がしばしば硬くなったり痛みを感じたりします。
閉経前の方が検診を受けるタイミングは、乳房が柔らかい月経開始後2・3日〜1週間くらいの時期がベストといわれています。
授乳中の検査は?
当院では基本的に授乳中の検査は行いません。卒乳後、半年過ぎてからの検査を目安にしています。
検査の際は、放射線のリスクを考慮して医師の判断のもと行います。

このページの先頭に戻る

料金表

消化器内科のご案内
食道・のどの病気
逆流性食道炎
胃腸の病気
経鼻内視鏡(胃カメラ)検査
大腸肛門科のご案内
大腸ポリープ
大腸がん
IBS(過敏性腸症候群)
痔について
いぼ痔(痔核)
きれ痔(裂肛)
吸引式痔核結紮(けっさつ)術
大腸内視鏡検査
婦人科のご案内
子宮頸がん
子宮体がん、卵巣がん検診
月経異常
更年期障害
子宮筋腫
頻尿・尿失禁・尿意切迫
ブライダルチェック
性病検査
低用量ピル
乳腺外科のご案内
乳がん検診
循環器内科のご案内
下肢静脈瘤
内科のご案内
花粉症の舌下免疫療法
糖尿病
高血圧
脂質異常症
予防接種のご案内
感染症検査
美容皮膚科のご案内
医療レーザー脱毛
自由診療のご案内
プラセンタ注射
にんにく注射
美肌・美白クリーム
ワキの多汗症
男性型脱毛症(AGA)
低用量ピル

町田の内科・大腸肛門科・消化器科・乳腺外科・婦人科・美容外科ならJR町田駅ターミナル口より徒歩1分のミーナ町田ジェイクリニック|胃カメラ検査 大腸内視鏡検査