食道・のどの病気

食道は、のどから胃までをつなぐ管状の器官です。
食べものは、重力ではなく、ぜん動と呼ばれる筋肉の収縮運動によって胃へと進められます。

食道の病気では、ものを飲み込みにくいと感じたり、胸や背中が痛むといった症状があります。

食べ物が飲み込み辛い

飲み込みにくいと感じるとき、ほとんどの場合は何も問題はありませんが、
逆流性食道炎による逆流によって炎症が起きていたり、ストレスが原因で逆流性食道炎のような症状がでることがあります。
最近では、ストレスなどが原因による機能性ディスペプシアが様々な世代で見られます。
気になる症状がある場合は、ご相談ください。

逆流性食道炎

寝ている時や朝方胸やけ、ゲップなどを自覚する場合が多いです。
胃液が食道へ逆流することで食道を傷つけるためです。
逆流性食道炎の原因・治療法について

機能性ディスペプシア

胃の痛みや胃もたれなどのつらい症状が続いているにもかかわらず、
内視鏡検査などを行っても異常がみつからない病気です。
胃の動きが悪くなり、食欲がなくなったり、消化がしにくかったり様々な症状があります。

びらん性食道炎

びらん性食道炎とは、慢性の胃酸の逆流や薬剤の誤飲、大きな錠剤が食道に引っかかり起こる炎症です。
食道を覆っている粘膜がはがれた状態になり、痛みを伴います。

食道裂傷

食道裂傷とは、食道の壁が完全に破れるには至らない裂傷のことです。
激しい嘔吐、むかつき、しゃっくりの際に食道下部や胃上部に裂傷ができることがあり、マロリー・ワイス症候群と呼ばれています。

食道がん

喫煙と飲酒は食道がんの最大の危険因子であり、喉のリンパ腺などのがんよりも喉の粘膜に出来るがんの発症と密接に関係しています。ヒトパピローマウイルス感染症を患っている人も、食道がんにかかりやすいと言われています。

胃や食道に気になる症状がある方は、苦痛の少ない鼻からの胃カメラ検査を受けることをお勧め致します。

このページの先頭に戻る


町田の内科・大腸肛門科・消化器科・乳腺外科・婦人科・美容外科ならJR町田駅ターミナル口より徒歩1分のミーナ町田ジェイクリニック|胃カメラ検査 大腸内視鏡検査